LL紙パックリサイクル推進研究会

資源・エネルギーの有効利用を図り、循環型社会の形成に寄与することを目的に活動しています

LL紙パックは密閉性、遮光性など、食品を劣化から守る機能に優れており、また直方体で軽量であることなどから輸送や保存の効率性、省スペース性から長期保存が可能な食品の包装として広く使用されています。この機能は森で育った針葉樹を原料とするバージンパルプから出来た丈夫な紙と、食品保護性能を高めるためのアルミ箔やポリエチレン樹脂によって得られるものですが、アルミを使用していることからリサイクルに際しては特に高い技術が必要とされています。このため一部の地域、事業者等で行われているリサイクル事例を除いては、他の古紙やアルミなしの飲料用紙パックとは区別されて収集され、多くの部分がリサイクルされずに処分されているのが現状となっています。
こうした状況を受け、LL紙パックのリサイクルについて理解を深め、資源循環のあり方について研究するためLL紙パックリサイクル推進研究会は発足しました。2007年に容器メーカーが中心となって印刷工業会の液体カートン部会の中で発足した後、飲料メーカーがこれに加わり、また古紙リサイクル関係の皆様に協力をいただき現在の形となっています。
当研究会ではこれまでLL紙パックのリサイクルフローの調査に加え、実際にLL紙パックのリサイクルが行われている業者様の現場の視察や、聞き取り調査などにより、リサイクルの各段階における問題点等について研究をして参りました。これらの活動は「LL紙パックリサイクル推進研究会便り」や「LL紙パックリサイクル事例集」の定期的発行により皆様にもお伝えしてきている通りです。
このたび、これまで以上にLL紙パックについてご認識をいただくとともに、広く皆様のご意見を頂戴して参りたいと考え、新たにホームページを立ち上げることとなりました。LL紙パックに関わる事業者の皆様、LL紙パックをご愛用いただいております皆様、またリサイクルに関わる皆様などの多くの関係者の皆様からのご意見をお待ちいたしております。
今後とも、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

座長 遠藤雅人

研究会は様々な活動に取り組んでいます。

img_works01_01

会員リスト(平成29年度)

No.区分会社名/団体名
1正会員株式会社伊藤園
2正会員力ゴメ株式会社
3正会員キッコーマン飲料株式会社
4正会員キリン株式会社
5正会員熊本県果実農業協同組合連合会
6正会員ゴールドパック株式会社
7正会員四国化工機株式会社
8正会員名古屋製酪株式会社
9正会員日世株式会社
10正会員株式会社ふくれん
11正会員マルサンアイ株式会社
12正会員株式会社明治
13正会員森永乳業株式会社
14正会員株式会社ヤクルト本社
15正会員雪印メグミルク株式会社
16正会員石塚硝子株式会社
No.区分会社名/団体名
17正会員大日本印刷株式会社
18正会員東京製紙株式会社
19正会員凸版印刷株式会社
20正会員日本製紙株式会社
21正会員日本テトラパック株式会社
22正会員ビーエフ&パッケージ株式会社
23正会員ウエストロックアジア株式会社
24正会員印刷工業会
25正会員一般社団法人全国清涼飲料連合会
26正会員日本豆乳協会
27正会員一般社団法人日本乳業協会
28賛助会員コアレックス信栄株式会社
29賛助会員株式会社日誠産業
30賛助会員丸富製紙株式会社
31賛助会員株式会社山田洋治商店
32賛助会員株式会社米田商店

研究会の主な活動

以下のような活動を通じて、リサイクルルート構築のための調査・研究、情報集約・発信を積極的に行っています。

img_works02_01

情報共有化勉強会

LL紙パックを利用または製造している企業やリサイクル事業者などを講師に迎え、リサイクルに関する情報の共有化を図るための勉強会を毎年開催しています。(会員以外も参加対象としています。)

img_works02_02

施設見学会

洗浄加工事業者や再生紙メーカーのリサイクル施設の見学会を行っています。(会員以外も参加対象としています。)

img_works02_03

エコプロダクツ展

特定非営利法人 集めて使うリサイクル協会、印刷工業会と共同出展し、パネルやLL紙パック飲料の展示、事例集の配布などで研究会の活動を情報発信しています。

img_works02_04

会報誌・事例集の発行

研究会活動について報告しています。
発行物のダウンロードはこちら

LL紙パック リサイクル推進研究会

事務局 株式会社 エコイプス

東京都文京区音羽1-15-15

LL紙パックリサイクル推進研究会のWEBサイトに関するお問い合わせはこちらへ

ページの先頭へ